家の解体に行政の補助制度はあるだろうか?

家の解体に行政の補助制度はあるだろうか?


行政によるリフォームの支援は各市区町村が独自に策定いるものと、都道府県が主導して行っているものとがありますが、いずれにしても市区町村が窓口になっている場合が多いです。またその他に省庁が企画する補助制度もありますが、個人向けではなく、業者向けに募集が行われるものが多い印象です。そんな中で、個人の家屋の解体に対応している支援制度というのはあまり多くはないのですが、以下のような解体工事に対しては補助制度を設けて適用対象とている自治体も多くあります。

・耐震リフォームに付随する解体工事。
・古い建物が密集していて防災上の問題があり、都市計画として街区の整理が進められている。
・主要な道路に面していて耐震診断等での強度が基準を満たしておらず、地震の際に緊急車両などの通行を妨げる可能性のある建物の建て替えや撤去。
・強度の不足している危険な塀の撤去。


各自治体によって補助制度の有無も、その内容も異なりますので、解体工事を行おうとするときには事前にお住まいの市区町村に確認してみましょう。解体工事に際しては他にも必要な行政手続きがありますので、補助制度の有無も含めて、一度は役所に足を運んで情報収集してみることをお勧めします。

顧客の満足を大切にする誠実な解体業者は地元自治体による補助制度を把握しています。また、自治体の側でも届け出を行った認定事業者が工事を行うことを補助の条件としている場合が多いです。したがって、安易に知人の勧めや工務店の紹介などで解体業者を選んでしまうと、補助の条件を満たせない事態となって後悔をする羽目になったりするので、業者選びはそうした点でも慎重を期す必要があります。

次のページ:家の解体を行う際の手順

トップページへ戻る

 

サイトマップ